言葉の壁

ポートランドもすっかり秋。毎日、家ではカーデガンに厚手のソックスが必須。看護助手の実習が始まってはや1週間。毎朝5時過ぎに起床して、家族を起こさぬようそーっとそーっと家を出る。

渡米して1年半。言葉の壁は、やはり大きく立ちはだかる。少しでもぼーっとしていたら、会話についていけずに置いてけぼり。世間話なら、”OK” “I see” ”Really?"で分かったふりしながら、やり過ごすこともできるが、実習中に言われた指示となると、曖昧にはやり過ごせない。何回も聞き直し、確認する。正直、疲れる。

アメリカ人のクラスメートから、私は寡黙な人だと思われている。話好きな彼らは休憩中、ひっきりなしに自分、自分の家族、友達のことなどを喋り倒す。今日は、実習の先生を交えて、7人みんなで、チェーンレストランのサービスの質の話をしていた。私はちょこちょこっと、短い質問をするだけで、あとはじっと聞くだけ。

日本語だったら、「こんなエピソードを面白おかしく紹介できるのに」「英語だと、ユーモアのセンスも違うし、この表現をどう言おう」などと考えているうちに、会話のトピックは次へと移る。結果として、大勢での会話中、私は貝のように口をつぐむ。日本語を喋る時の自分と、英語を喋る時の自分とで、私の性格投影がガラリと変わるのが、面白いような、悲しいような。日本では「無口」なんて言われたことない私も、言葉がうまく操れないと、性格まで変わった気分がする。しかし、これが現実と、しっかりと受け止めることにする。

言葉は、大事だ。自分とはどう言う人間かを、伝えるための手段だから。しかし医療の現場では、「Be a good listener(聞き上手であれ)」が鉄則。自分のことを喋るのではなく、患者からどれだけ情報を引き出せるかが、何よりも優先される。そう思うと、私が直面している「言葉の壁」は、将来、医療現場で働くにあたり、結構役に立つのかもしれない。(と思うことにしよう。)

0 Comments

Leave a comment