アメリカ式モンスターペアレンツ?

あと3週間で夏休み。アメリカでは新学期が9月に始まる為、娘の学校では今が学期末。新学期に向けて教員の配置換え、クラス替えや、学期末のイベントなど忙しい時期に入っている。

娘の学校では、現在の校長が退任し、新学期からは新校長が着任することになった。教育委員会のサイトで彼のプロフィールを見たが、とてもエネルギッシュで、やり手の印象。前任の学校では、「全国の学力テストのスコアを20%も向上させた」やら、「教員の評価制度を構築した」など、教育者というより、経営者という印象。

さて、先日、保護者に向けて新校長のスピーチがあるということで、夫が学校に出かけて行った。新校長はスピーチの中で、自分のプロフィールや成果を惜しげもなく披露。そして、保護者からの質問タイム。保護者は、難しい質問を校長に投げかける。

「あなたの教育理念は何?教育における価値観は?」
「学校や社会から差別をなくすために、あなたにはどういうビジョンがあるの?」
「子供たちが安全に過ごすために、あなたはどういうプランを進めていくつもり?」
一つ一つ、難しい質問に対し、校長は丁寧に答えていく。

極め付けは、質問というよりも、尋問。
「この小学校では、教員、保護者が一体となり、素晴らしい教育環境をを作り上げることに成功している。私たち保護者は様々なボランティア活動をし、地域での取り組みや、寄付金集めのイベントを開催し、生徒のため、学校のために日々全力を尽くしている。あなたには、その一員となる覚悟があるのか?」

真剣に自分の意見や要望を主張する保護者たち。彼らはモンスターペアレンツなどではない。これは、学校側と保護者間の力関係の平衡を構築するのに、非常に大事なプロセスなのである。

学校側は、生徒だけではなく、保護者にとってもより良い教育環境を提供する義務がある。そして、学校が繁栄するのも衰退するのも、ある意味、保護者の要望や主張次第ということになのだろう。

この学校での一コマが、この国の民主主義社会における納税者(保護者)と政府(学校)との関係を象徴している気がした。

0 Comments

Leave a comment