誕生日ありがとう。

私は、本日めでたくも40歳の誕生日を迎えた。1世紀前の日本なら、すでに平均寿命の年。いつ死んでもおかしくない年だったのである。

そんなこと考えていると、ここまで生きてこられたことに感謝。両親、ご先祖様、夫、娘、姉弟、友達、ご近所の方々、すべての人に大声で「ほんまにありがとう!」と言いたい。

今朝、夫と娘が作ってくれたバースデーマフィン。娘は搾りたてのオレンジジュースとバナナのピーナッツバターのせ(アメリカの子供のおやつ的な)まで用意してくれた。ありがたい。

muffins


最近では、ヨガポーズで無理をして、持病の腰痛が悪化して老婆のような歩き方になったり、パソコンの使いすぎで近視に拍車がかかったりして、まさに年齢を感じることが多くなった。だからこそ、自分の健康には、毎日感謝して生きている。

先日は、カレッジの階段を3階の教室までスタスタ昇る際に、「ああ、足がこうやって動くのってすごいな」と自分の足の骨に感謝したばかり。笑い事ではなく、本気でありがたいと思った。これが40歳の境地ということなのか。

40歳。人生、死に向かって、折り返し地点。でも私の挑戦はまだまだ続くよ、どこまでも。また一段と違う景色が見えるのだろうな。いよいよ楽しみである。


0 Comments

Leave a comment