巻き寿司弁当

makisushi


週末はブロックパーティーと呼ばれる近所のパーティーに参加した。同じ町内(区画:ブロック)の人たちが集まって、コミュニケーションを図ろうという催し。当日は、夕方5時くらいから、人がポツリポツリと集まり出して、ゆるく始まり最終的には40-50名(うち、子供が20名ほど)ほどの集団に。通りの一画を歩行者天国にして(ポートランド市に許可を取っているらしい、多分)フェイスペインティグ、ゲームや、バンドが出てきて演奏があったり、まあ面白いイベントでございました。

各家庭1品持ち寄りで、我が家はいつものベジ巻き寿司。全部はけました(感謝)。BBQグリルを持ってきてバーガーやホットドッグを黙々と作るお父さん、マイワインボトルとグラス持参でほろ酔いのママさん、お庭の自慢をする老夫婦(20年以上住んでいる)、などなど、みんな素敵な方ばかり。できるだけ多くの方と知り合いになれるように、我々は食べるのもそこそこで、新参者の務めを果たすべく挨拶しっぱなし。

子供たちは、食べては遊び、遊んでは食べを繰り返す。何という自由度。

町内会長みたいなヒエラルキーは存在しないので、パーティー中に硬い挨拶はなく、みんな立ったり座ったり、いろんな人と話して楽しむという、アメリカによくありがちなラフなスタイル。帰りたかったら、各自家は近いし、「はい、サイナラ」とドロンしてもOKなのが気楽なところ。

ご近所の方と話をしてみると、実は娘のことを見知っている方が多いことが判明し(娘はアメリカに来てから、近所の人に自ら声をかける積極性を身につけた。特に犬連れ大好き。)、「○○(娘の名前)の母です。よろしく」というご挨拶となりました。

もちろん残り物の巻き寿司はお弁当へ。切って詰めるだけ。

0 Comments

Leave a comment