罪悪感

Bike2
このバイクスタンドのフォルムが好き。(手前がマイチャリ)


自転車で行ける距離なのに、運転の練習と称して車を使うのがハンパない罪悪感。できるだけマウンテンバイク乗るようにしてるけど、食料品がいちいちでかいので、買い物だけは車必須。

ポートランドではママチャリで買い物に行くおばさんとか、チャリ通学の学生なんて一切見ない。エコなバイクシティポートランドってみんな自慢げだが、日本の方がよっぽど「無意識下のバイクシティ」では、と思う。JR主要駅前のチャリ置場のカオスを見たら、ポートランダーは口をつぐむだろうなあ。

Bike1
これはえらいガーリーなバイクスタンド


ちなみにこちらの自転車は、ライトやスタンド、バスケットにロックは後付け。自分で欲しいものを装備する。ポートランドでは自転車盗難が多発するため、必ず前タイヤとボディ部分にUロック(材質:工具では破壊できない高硬度の金属)で2箇所施錠をするのが習わし。ライトも後付けなので、盗難防止のため、外出先で駐輪するときは外す。色々と邪魔臭いことが多いポートランドのバイク事情であります。

罪悪感といえば、湿度20-30%のピーカンの夏日に、洗濯で乾燥機を使うこと。最近、罪悪感から解き放たれるため、庭に干し出した。午前中でカラカラに乾く爽快さといったら。ちなみにアメリカ人は忙しいから、夜間に洗濯するらしい。しかも決して屋外には干さない。(景観を損なう為)なるほど、だからお店でタコ足が見つからないのね。郷に入っては郷に従え、というが、この国には従えないことが多々ある。ご近所からクレーム来ませんように。

Laundry
お久しぶり。風にそよぐ洗濯物。

0 Comments

Leave a comment