運転恐怖症

Beginner plate
初心者マーク(訳:初心者ですので、我慢してくださいね。サンクス!)


日本でペーパードライバー、かつ運転恐怖症の私が、先日、アメリカで運転免許証を取得!(かかった費用:実技試験9ドル、免許証60ドル。)車に頼らない生活をしたいと思い、全米でも珍しく公共交通機関が整っており、かつ自転車に優しいポートランドへの移住計画を立てたのに、夫からは「アメリカで車がなくてどうする!!」と一蹴され、結局、引越してきてすぐに新車購入。毎日車に乗っているから体が鈍る。はあ。

巷では自動運転車の開発までもう少しなので(あと10年ほど?)、「私には免許は必要ないかもねー」なんて非現実な避け方をしていたが、緊急時や、旅行や、子供のイベントやらで、車が運転できるに越したことはない。(あと免許証はIDとしても必要。)ということで、ついに鉛のような重い腰を上げたのでした。筆記試験は軽くパスし、3ヶ月の実技練習(夫のコーチング)ののち、なんとか実技試験に。

試験では、さすが大雑把?適当?な国アメリカ。縦列駐車は、全く車のないところで「適当に駐車して(しかも前方からイン)」。駐車場でのバック駐車は試験項目になし。高速は入ってすぐに出るだけ。とまあ、ゆるいテストだったので、当たり前のように合格いたしました。が、何せ運転恐怖症の私。ノロノロ運転だったため、試験官から「もっとスピードあげなきゃ!」とありがたいアドバイスを頂きました。ヒエー。

アメリカでは、"初心者マーク"というものが存在しないので、アマゾンで購入。これをつけたら、後方からのクラクションの数が激減。Thank you アマゾン。

0 Comments

Leave a comment